中山道広重美術館 Hiroshige Museum of Art, Ena

展覧会

Exhibition Information

開催中の展覧会

企画展「二代広重-受け継がれた広重イズム-」

2020年12月10日(木曜日)から2021年1月17日(日曜日)

 初代広重の没後、門人たちがその名を襲名しましたが、師の画風を最も忠実に受け継いだのは、二代広重といえるでしょう。彼が作品を手掛けた時代は、まさに江戸と明治の狭間でした。移り変わる時代を生きた絵師・二代広重が受け継いだ広重イズムをご覧ください。

⇒展覧会の詳細を見る

#



次回の展覧会

企画展「五十三次名所図会」

2021年1月21日(木曜日)から2月23日(火・祝日)

 広重は生涯に二十余の、東海道をテーマとした揃物を制作しましたが、中でも《五十三次名所図会》(通称竪絵東海道)は、唯一画面を縦に使って描かれた作品です。俯瞰的な構図を多く用いた、まさに名所図会を思わせる広重晩年の大作をご覧ください。

#

#

PDFファイルを表示、印刷するためにはAdobe Acrobat Reader が必要です。 Adobe Acrobat Reader はアドビ社のサイトから無償でダウンロードすることが出来ます。