中山道広重美術館 Hiroshige Museum of Art, Ena

展覧会

Exhibition Information

開催中の展覧会

秋季特別企画展「歌麿とその時代-黄金期の浮世絵 美人画と役者絵」

2020年10月8日(木曜日)から12月6日(日曜日)



 江戸時代中期の浮世絵師で美人画の大家・喜多川歌麿。彼が活躍した時代は、浮世絵の黄金期と呼ばれています。本展では歌麿の他、彼と共に美人画の分野で活躍した鳥居清長や役者絵に長けた東洲斎写楽、勝川春章なども取り上げます。また、色鮮やかな肉筆画も含めた、黄金期の浮世絵名品を紹介します。

⇒展覧会の詳細を見る

#



次回の展覧会

企画展「二代広重-受け継がれた広重イズム-」

2020年12月10日(木曜日)から1月17日(日曜日)

 初代広重の没後、門人たちがその名を襲名しましたが、師の画風を最も忠実に受け継いでいたのは、二代広重といえるでしょう。彼が作品を手掛けていた頃は、まさに江戸と明治の狭間でした。移り変わる時代に生きた絵師・二代広重が受け継いだ広重イズムをご覧ください。

#

#

PDFファイルを表示、印刷するためにはAdobe Acrobat Reader が必要です。 Adobe Acrobat Reader はアドビ社のサイトから無償でダウンロードすることが出来ます。