中山道広重美術館 Hiroshige Museum of Art, Ena

年間スケジュール2024-2025

Year-round Schedule 2024-2025

◇休館日:月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(土日・祝日を除く)
 年末年始(2024年12月26日(木曜日)から2025年1月3日(金曜日))
◇月に1回程度、展示替えのためまとまった休館日がございますのでご注意ください。
◇毎月第一日曜日は市民の日(恵那市民に限り観覧無料)
◇2025年3月26日(水曜日)までの毎週水曜日はフリーウエンズデー(観覧無料)
◇2025年3月28日(金曜日)までの毎週金曜日はフリーフライデー(観覧無料)

春季特別企画展 没後160年記念 三代歌川豊国―「人物」と「街道」を描く

前期:令和6年(2024)4月4日(木曜日)から5月6日(月曜日・祝)
後期:令和6年(2024)5月10日(金曜日)から6月16日(日曜日)

 三代歌川豊国(初代国貞、1786-1864)は、江戸時代末期に最も人気を得た浮世絵師です。22歳のデビュー後、69歳で亡くなるまでの長い画業の中で役者絵をはじめ、美人画や名所絵など幅広い画題で筆を振るいました。広重と深い親交があったことでも知られ、合作シリーズも手掛けています。本展では街道物を中心に、三代豊国の画業をめぐります。

特別企画展観覧料:一般820円(20名以上の団体は660円)

#

三代歌川豊国
「木曽六十九駅 
 熊谷 熊谷寺 蓮生坊」

#

三代歌川豊国・歌川広重
「双筆五十三次 御油」

企画展 浮世絵グルメツアー

令和6年(2024)6月20日(木曜日)から7月21日(日曜日)

 旅の楽しみといえば、名所に土産物、そして美味しいご当地グルメ。車や電車のない時代の江戸っ子たちにとっては、京への長旅のみならず、江戸市中を移動するだけでもちょっとした非日常を体験できる小旅行でした。本展では、江戸から諸国まで、全国のご当地グルメツアーへご案内します。

企画展観覧料:一般520円(20名以上の団体は420円)

#

歌川広重「東海道五十三次之内 四日市 参宮道追分之図」

企画展 浮世絵鑑賞のすすめ

令和6年(2024)7月25日(木曜日)から8月25日(日曜日)

 「浮世絵」とは、江戸時代における「現代の事柄」が描かれた絵画のこと。最新ファッションを身にまとった女性や人気の観光地、見頃を迎えた花々や美しい鳥などが描かれる浮世絵には、当時の「今」が詰まっています。「浮世絵って何?」から鑑賞を楽しむヒントまでご紹介します。

企画展観覧料:一般520円(20名以上の団体は420円)

#

歌川広重「伊勢名所 二見か浦の図」

特別展観 木曽海道六拾九次之内

令和6年(2024)8月29日(木曜日)から9月29日(日曜日)

 渓斎英泉と歌川広重による「木曽海道六拾九次之内」をそろいで出陳する年に一度の展覧会です。京から江戸の道のりや名所名物を紹介する地誌『木曽路名所図会』を読み解きながら、浮世絵を通した中山道の旅へご案内します。また、「ふるさとえな応援寄付金」を賜り令和5年に新規収蔵した、広重晩年の名作「木曽路之山川」を初公開いたします。

特別展観観覧料:一般820円(20名以上の団体は660円)

#

渓斎英泉「木曽街道 馬籠駅 峠ヨリ遠望之図」

秋季特別企画展 浮世絵おじさんフェスティバル

前期:令和6年(2024)10月3日(木曜日)から11月4日(月曜日・祝)
後期:令和6年(2024)11月8日(金曜日)から12月8日(日曜日)

 浮世絵に登場する、味わい深い名もなき人々。当館は、親しみを込めて彼らを「おじさん」と呼び、展覧会やグッズを展開してまいりました。さらなるパワーアップを図る本展では、広重を中心とした浮世絵師たちによる個性豊かな「おじさん」をご紹介し、見れば見るほど面白い浮世絵の知られざる“沼”へご案内します。

特別企画展観覧料:一般820円(20名以上の団体は660円)

#

歌川広重「東海道 十五 五十三次 吉原」

#

歌川広重「東海道 丗四 五十三次 二川」

企画展 “もっと”愛でたい富士山

令和6年(2024)12月12日(木曜日)から令和7年(2025)1月19日(日曜日)

 江戸庶民の信仰対象とされた霊峰・富士山。季節や天候によりさまざまな表情を見せるその姿は、多くの人々を魅了しました。新年の寿ぎにふさわしく、思わず愛でたくなるような目出度い富士山の姿をお楽しみください。

企画展観覧料:一般520円(20名以上の団体は420円)

#

歌川広重
「冨士三十六景 
 雑司かや不二見茶や」

企画展 狂歌とめぐる東海道

令和7年(2025)1月23日(木曜日)から2月24日(月曜日・祝)

 広重による「東海道五拾三次」は、滑稽を盛り込んだ短歌である狂歌が画中に添えられていることから「狂歌入東海道」と通称されているシリーズです。本展では、機知に富んでクスッと笑える狂歌と共に、のびやかな風景描写を魅力とする「狂歌入東海道」を江戸から京までそろいでご紹介します。

企画展観覧料:一般520円(20名以上の団体は420円)

#

歌川広重「東海道五拾三次 原」

企画展 江戸名所ガイドブック

令和7年(2025)2月28日(金曜日)から3月30日(日曜日)

 初代広重と二代広重が手掛けた『絵本江戸土産』は、全10編からなる江戸の名所、名店、名物を案内する絵本です。江戸のガイドブックさながらの本書は、広重晩年の代表作「名所江戸百景」の下絵になったとも考えられています。本展では、『絵本江戸土産』と名所絵から江戸の観光スポットをご紹介すると共に、江戸で生きた人々の文化や営みに触れていきます。

企画展観覧料:一般520円(20名以上の団体は420円)

#

歌川広重「名所江戸百景 深川木場」