中山道広重美術館 Hiroshige Museum of Art, Ena

年間スケジュール2017-2018

Year-round Schedule

年間スケジュール 2017-2018

企画展
「風流の都、天下の台所-描かれた京阪の名所-」


2017年6月15日(木)~
7月17日(月・祝)

企画展
「道中の楽しみ-保永堂版東海道-」



2017年7月21日(金)~
8月27日(日)

特別展観
「木曽海道六拾九次之内」



2017年8月31日(木)~
10月1日(日)

企画展
「愛でたい富士山」



2017年12月14日(木)~
2018年1月21日(日)

企画展
「ゆる旅おじさん図譜」




2018年3月1日(木)~
4月1日(日)

※2017年(平成29)8月14日(月)はお盆特別開館のため、2018年(平成30)1月2日(火・祝)はお正月特別開館のため観覧無料。市民の日は恵那市民に限り観覧無料。
※月に1回程度、展示替えのため休館日がございますのでご注意ください。

春季特別企画展「名所江戸百景-切り取られた町の風景-」

前期:2017年3月30日(木)~5月7日(日)
後期:2017年5月11日(木)~6月11日(日)

歌川広重晩年の傑作《名所江戸百景》。江戸の町を迫力のある構図で切り取った、名所絵のシリーズです。江戸っ子にとって身近な場所が、広重の手によって斬新な景色に生まれ変わりました。広重の絵作りの妙技をお楽しみください。

特別企画展観覧料:大人820円(20名以上の団体は660円)
▲18歳以下観覧無料 

#

歌川広重「名所江戸百景 するかてふ」

#

歌川広重「名所江戸百景 亀戸梅屋舗」

企画展「風流の都、天下の台所-描かれた京阪の名所-」

2017年6月15日(木)~7月17日(月・祝)

京都、大阪は、江戸と並び三都に数えられます。風景がの達人である広重は、さまざまな土地を描きました。嵐山や淀川の雅やかな風景、活気あふれる大阪の町の風俗。魅力あふれる都市の姿を、広重が描き出します。

企画展観覧料:大人510円(20名以上の団体は410円)
▲18歳以下観覧無料

#

歌川広重「浪花名所図会 しん町九けん丁」

企画展「道中の楽しみ-保永堂版東海道-」

2017年7月21日(金)~8月27日(日)

歌川広重最大の代表作《東海道五拾三次之内》全55図をご覧いただきます。広重は、東海道に憧れた江戸っ子たちを旅の世界へと誘いました。臨場感たっぷりに描かれた美しい景色は、今も私たちを引きつけてやみません。

企画展観覧料:大人510円(20名以上の団体は410円)
▲18歳以下観覧無料

#

歌川広重「東海道五拾三次之内 鞠子」

特別展観「木曽海道六拾九次之内」

2017年8月31日(木)~10月1日(日)

当館コレクションの中でも最も美しい揃物の一つである《木曽海道六拾九次之内》を、全点展示いたします。歌川広重と渓斎英泉、江戸の二大浮世絵師が中山道をテーマに描いたシリーズです。

特別展観観覧料:大人820円(20名以上の団体は660円)
▲18歳以下観覧無料

#

歌川広重「木曽海道六拾九次之内 中津川(雨)」

秋季特別企画展「浮世絵ねこの世界展-愛されニャンコから猫又まで-」

前期:2017年10月5日(木)~11月5日(日)
後期:2017年11月9日(木)~12月10日(日)

空前の猫ブームともいわれる現在。古代から私たちにとって身近な存在であった猫は、江戸時代の浮世絵師たちにも愛されました。猫が描かれたユニークな浮世絵が大集合!あなたもニャンダフル・ワールドへ遊びに来ませんか。

特別企画展観覧料:大人820円(20名以上の団体は660円)
▲18歳以下観覧無料

#

歌川国芳
「鏡面シリーズ 猫と遊ぶ娘」

#

高橋弘明「白猫」

#

歌川国芳「猫の当て字 たこ」

企画展「愛でたい富士山」

2017年12月14日(木)~2018年1月21日(日)

日本の象徴として、今も昔も親しまれている富士山は、浮世絵にも登場します。新春の寿ぎにふさわしい、華やかな錦絵に表された富士山をお楽しみください。

企画展観覧料:大人510円(20名以上の団体は410円)
▲18歳以下観覧無料

#

歌川広重「不二三十六景 相模大山来迎谷」

企画展「HIROSHIGEⅡ-二代広重の軌跡 師の背中を追って-」

2018年1月25日(木)~2月25日(日)

歌川広重の門人・重宣は、二代広重を名乗り、風景画を描きました。師風を受け継ぎながら名所、街道、花鳥を描きました。

企画展観覧料:大人510円(20名以上の団体は410円)
▲18歳以下観覧無料

#

歌川広重(二代)「諸国名所百景 尾州 名古屋真景」

企画展「ゆる旅おじさん図譜」

2018年3月1日(木)~4月1日(日)

風景画が注目される広重の作品ですが、実は人物表現にも独特な味わいがあります。ひょうきんなおじさん、苦い表情のおじさん…。広重描く、愛嬌たっぷりのおじさんたちをご紹介。あなたはどのおじさん推し?

企画展観覧料:大人510円(20名以上の団体は410円)
▲18歳以下観覧無料

#

歌川広重「東海道五拾三次 石薬師 問屋場ノ図」