中山道広重美術館 Hiroshige Museum of Art, Ena

思い出の江戸っ子アルバム

展覧会の詳細

#

 歌川広重は風景画の浮世絵師として名高いですが、その観察眼を生かし、人物を描くことにも長けていました。広重の描く浮世絵には、江戸っ子の表情がまるでスナップ写真のように収められています。彼らが旅を楽しむ姿や美味しいものに舌鼓を打つ姿は、現代の私たちにも親しみ深く、ほほ笑ましく映ります。広重は今も昔も変わらない人々の営みを、浮世絵の中で生き生きと表していました。本展では広重の描く人物に注目し、彼らが江戸の生活を楽しむ姿を、アルバムをめくるようにのぞいてみたいと思います。


会期 2018年7月20日(金曜日)から8月26日(日曜日)
休館日:毎週月曜日
場所
展示室1(1階)
開館時間 午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料 大人510円(410円) ※(  )内は20名以上の団体料金
▲18歳以下無料
▲障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名まで無料
▲毎週金曜日はフリーフライデー(観覧無料)


今月の陳列棚

企画展「思い出の江戸っ子アルバム」より

#

歌川広重
「東海道五十三次之内 日本橋」

大判錦絵 嘉永元年(1848)以降ヵ
中山道広重美術館蔵(田中コレクション)

 江戸と京の都を結ぶ東海道の起点、日本橋の風景を描いています。広重は湾曲した日本橋をほぼ正面から捉え、インパクトのある構図で描きました。橋の向こうから大名行列がやって来て、橋の手前を青物や魚を担ぐ棒手振の行商人が足早に横切っていきます。江戸っ子の何気ない日常を切り取った1枚です。