中山道広重美術館 Hiroshige Museum of Art, Ena

綺羅星万華鏡-絵師 広重の歩み(前期)

展覧会の詳細

#

 中山道広重美術館は、平成28年9月に開館15周年を迎えます。3カ月に渡る秋季特別企画展「絵師 広重の歩み」では、改めて広重の画業を振り返ります。本展は、その第1弾として、画業前期に制作された作品を中心に、さまざまな作品をご紹介します。

 東海道・中山道といった街道、また各地名所などの景色を捉え、優れた風景画家として今も国内外の人々を魅了し続けている広重。しかし浮世絵師・歌川広重が描いたのは風景ばかりではありませんでした。美人画、芝居絵、花鳥画などさまざまな分野に筆を染め、画才を発揮していたのです。本展では、幅広い作品に焦点を当て、広重の新しい魅力を発見います。


会期 2016年2016年9月1日(木)~12月18日(日)
前期:9月1日(木)~10月2日(日) 中期:10月6日(木)~11月3日(日)
後期:11月10日(木)~12月18日(日) ※3期完結、会期ごとに全点作品入れ替え
休館日:毎週月曜日(祝日を除く)、9月20日(火)、9月23日(金)、10月11日(火)、11月24日(木)
    10月3日(月)~5日(水)、11月7日(月)~9日(水)は展示替えのため休館いたします。

▲2016年12月19日(火)~2017年1月3日(火)までは年末年始休館
  ただし、2017年1月2日(月)はお正月特別開館(当日限り観覧無料)
場所
展示室1、2(1、2F)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料 大人820円(660円) ※( )内は20名以上の団体料金
高校生以下無料


今月の陳列棚

秋季特別企画展「綺羅星万華鏡-絵師 広重の歩み(前期)-」より

左)歌川広重「おしどり」(メ~テレ(名古屋テレビ放送)蔵)

 花鳥は、広重が風景と並んで得意とした画題のひとつです。寒椿には雪が積もり、水の冷たさが伝わってくるようです。雪がちらつく冬空の下仲睦まじく寄り添って泳ぐ、つがいのオシドリが描かれます。画中には俳諧が添えられています。

右)歌川広重「東海道五拾三次之内 御油 旅人留女」(当館蔵)

 留女とは旅籠の客引き女です。御油宿は隣の赤坂宿と近かったため旅客の奪い合いになり、とりわけ留女が力強く強引であったといわれます。本図では夕時の宿場での情景がユーモラスに描き出されます。画中右手の旅籠の壁には版元名「竹之内版」の文字が見えます。

#
#