中山道広重美術館 Hiroshige Museum of Art, Ena

国芳 謎解き木曽街道六十九次之内

展覧会の詳細

#

 幕末に活躍した浮世絵師・歌川国芳は、駄じゃれやなぞなぞなど言葉遊びを盛り込んだ、ユーモアあふれる絵を数多く描きました。さまざまな画題に筆を染めた国芳ですが、わけても得意としていたのが武者絵でした。
 本展でご覧いただく《木曽街道六十九次之内》は、中山道(木曽街道)をテーマにした国芳による72枚の揃物です。画中には宿場風景と共に、それぞれの地名から連想される戯曲や伝説に登場する人物が描かれます。
 迫力ある国芳の武者絵と、ウィットに富む浮世絵の世界をご堪能ください。


会期 2016年2月25日(木)~2016年4月3日(日)
休館日:毎週月曜日、祝翌日(3月22日)、2月22日(月)~24日(水)は展示替えのため休館
場所
展示室1(1F)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料 大人510円(410円) ※( )内は20名以上の団体料金
高校生以下無料


今月の陳列棚

企画展「国芳 謎解き木曽街道六十九次之内」より

#

歌川国芳
《木曽街道六十九次之内》「今須」 大判錦絵

「今須」

 江戸の人々にとって馴染み深い『曽我物語』に取材した作品です。鎌倉時代に起きた仇討ち事件を扱った軍記物語で、芝居や小説を通して江戸庶民に親しまれていました。
 曽我十郎祐成と五郎時致の兄弟は、父の仇である工藤祐経を討つことを誓います。本図は、まさに祐経の所に乗り込もうとする兄弟の緊迫した姿を表しています。2人は祐経がいることを確かめ合い手振りで合図を送ります。「います」と今須を掛けた言葉遊びです。